若い人の脳梗塞

若い人の脳梗塞

若い人にも起こる脳梗塞

若い人にも起こる脳梗塞脳梗塞は高齢の人の病気と思われがちで、実際にも脳梗塞は60歳以上の人に多く起こっていますが、最近の傾向として、働き盛りの40~50歳代の人で脳梗塞と診断される人が増えてきています。さらには10~20歳代の若い人にも脳梗塞と診断される人がみられます。一般に若い人の脳梗塞(若年性脳梗塞)は、40歳あるいは45歳までに起きた脳梗塞のことをいいますが、正しい年齢規定の基準はありません。

若い人が何故脳梗塞になるか

食事に気をつける若い人と高齢の人の脳梗塞では、その原因に多少の違いがありますが、高血圧糖尿病、高脂血症など動脈硬化の危険因子について、多数あるいは少数でも高度の異常をもつ人は、若くても脳梗塞になりやすい傾向があります。
若い人に起こる脳梗塞の原因の20~30%は動脈硬化で占められています。その原因としては高血圧症が一番も多く、他には高脂血症、喫煙、糖尿病、肥満などがあります。毎日の食事を気をつけたり過度のストレスを避けるなどの日常生活での注意が必要です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ