脳梗塞の治療

脳梗塞の治療

できるだけ早い治療開始が必要です

脳梗塞の発作を起きたら、脳梗塞のタイプを判断し、適切に診断をして少しでも早い治療開始が望まれます。脳梗塞の急性期には、腫脹などによって壊死が進行するのを阻止することが必要です。そして再び梗塞が起こるのを防ぐ必要があります。
脳梗塞の治療は、基本的に脳梗塞の治療は入院治療になりますが、入院期間は脳梗塞の種類や治療法によって異なります。無症候性脳梗塞で危険因子がない場合は、入院しないで入院せずに経過観察になる場合もあります。いずれにしろ早期発見、発作後の早急な治療が必要になります。

急性期の治療

発症3時間以内
アルテプラーゼ(t-PA)を静脈内に投与する血栓溶解療法が有効的です。
発症6時間以内
詰まった脳血管にカテーテルを入れて血栓溶解療法で経動脈的投与をします。
48時間以内
抗凝固療法が行われます。脳血栓症に効果があり、血栓が固まるのを防ぎます。
5日以内
抗血小板療法が行われます。再発防止の目的で使われます。
脳の浮腫に
浮腫みを抑える抗脳浮腫薬の点滴を行います。

慢性期の治療

脳梗塞の慢性期は、治療そのものと言うよりも、再発を予防する治療法が中心となります。

薬物療法
血圧上昇を防ぐ薬や、血栓発生を防ぐ薬、血液循環をよくする薬などが使われます。
血管治療
脳梗塞の一番の原因と言われている、動脈硬化を防ぐために行われます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ