脳梗塞の症状【嚥下障害】

脳梗塞の症状【嚥下障害】

嚥下(えんげ)障害

嚥下(えんげ)障害嚥下障害とは、食べ物や飲み物を上手に飲み込むことができない障害のことを言います。人間は通常、食物を舌を使って咽頭へ送り、嚥下します。その時に軟口蓋が挙上することによって、口腔と鼻腔が遮断されます。また、喉頭蓋で気管へ蓋をし、嚥下の瞬間だけ開く食道へと送り込みます。これらの複雑な運動に関わる神経や筋肉に何らかの障害が生じた時に嚥下障害になります。
脳卒中の発作直後では3割から4割の患者さんにこの嚥下障害がみられると言われています。むせてしまうことがあり、誤嚥性肺炎(誤って気道に飲み物や食べ物が入ってしまい起きる肺炎。)の原因になります。

脳梗塞の主な症状

脳梗塞の症状は、運動障害、感覚障害、言語障害、嚥下障害(えんげしょうがい)、失行(しっこう)、失認(しつにん)、意識障害など様々な症状があります。※各症状をクリックすると説明が見られます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ