ラクナ梗塞【小梗塞】

ラクナ梗塞【小梗塞】

脳の細い血管が詰まって起こる脳梗塞

ラクナ梗塞脳に入った太い血管は、次第に細い血管へと枝分かれしていきます。ラクナ梗塞はこの細かい血管が高血圧による血管変性や動脈硬化が原因で狭くなり、詰まることによって起きます。脳の血管の閉塞により、脳の組織の一部が死んで
脱落し空洞を残すためにラクナ(小さなくぼみ)梗塞と呼ばれています。日本人に最も多いタイプの脳梗塞です。

ラクナ梗塞の症状

小さな脳梗塞ですが運動障害や感覚障害、言語障害を起こすことがあります。こうした場合は通常の脳梗塞と同じような治療が必要になります。
また症状がはっきりしない場合は無症候性と言いますが、再発により神経症状が出現する率が高くなってしまうのと、再発を繰り返すことで認知症の原因になってしまうのでラクナ梗塞の再発を予防(高血圧糖尿病、高脂血症といった動脈硬化の危険因子の改善)していくことが、治療の方法となります。

脳梗塞の種類

スポンサードリンク

ページの先頭へ