脳梗塞【検査・診断】

脳梗塞【検査・診断】

問診・診察

診断まずは、医師に症状や生活習慣、病歴について確認してもらいます。次に、全身検査を行います。脳の健康状態は、全身の健康状態と深く関わりがあります。検査では、脳以外にも、血圧、脈拍、新雑音などの検査があります。

血液検査

血液検査血液検査では、生活習慣病による動脈硬化が起こっていないかどうかを確認します。脳の病気は動脈硬化のが原因になることが多いため血液検査で調べます。

心臓検査

病気の状態によっては、心電図検査などで心臓の検査も行われます。心臓の検査が行われるのは、心原性脳梗栓症(大梗塞)が不整脈を原因として現れることもあるからです。

画像検査

MRI検査CT、MRI、超音波検査によって脳の健康状態を調べます。
CT検査は身体にX線を通し、身体の横断断層像や3次元の立体的な像を映像化する検査です。検査には特に苦痛もなく、短期間で行うことができます。
MRI検査は磁場と電波を用いて画像を撮影します。脳の検査でももっともよく用いられる検査で血管まで映すことができます。 MRI検査では、まれにアレルギー反応を起こす人がいます。心当たりがある方は事前に医師に相談しましょう。
超音波検査はカラダの中に超音波を発して、はね返ってきた信号を画像にする検査です。この検査も身体への負担は特にありません。

スポンサードリンク

ページの先頭へ